専門学校選びのコツのコツ

専門学校でのウラ話など元教育機関での勤務経験者が送る専門学校選び・入学後の困らないためのアドバイスBlog

学費ローン=借金

専門学校に関わらず民間の金融機関による「学費ローン」を
使っての入学検討者が多数いらっしゃいますが、無謀な
返済スケジュールは組んでいませんか?


学費ローンと言えば聞こえは良いかも知れませんが、借金に過ぎません。
また、民間の学費ローンの場合、在学中は利息もしくは手数料だけを
支払い残りは卒業後にお支払い下さいと言っているところがほとんどだと
思いますがよく考えてみましょう。

利息の支払いのみ=元本は一切減りません

在学中に利息を支払い、卒業してからは一切減っていない元本を
ひたすら支払う生活が待っています。
もし、卒業後に就職出来なかったらどうやって返済していくのでしょうか?

どうしても学費ローンが必要な場合は日本学生支援機構などの
公的機関のものを利用することをお勧めします。
例えば日本学生支援機構などであれば、第1種が利用可能ならそもそも
利息負担はありません。第2種の場合でも、在学中は一切利息はつかない
ので卒業後の支払いコストもある程度抑えられます。

ただ、どこの金融機関を利用したとしても、基本的には借金は借金です。
入学の際に経済的に問題があるのであれば、1年後の入学にしてみるのは
どうでしょうか?
たった1年です。その1年の間は必死になって働き貯蓄をする。
その間にもし、夢への情熱が冷めるようであれば、方向性の見直しも
出来ますし、無駄な借金を背負う必要もありません。

また、学校見学の際などに入学担当者から学費ローンをむやみに勧められた
としたら、そこは少し気をつけたほうが良いのではないでしょうか。
卒業までの的確なスケジュールが組めない担当者は、本来であればまずいません。
仮に学費ローンに関しての知識がないのであれば、その担当者に相談することが間違いです。

もし、学費ローンに知識もありながら躊躇なく勧めてくるような担当者は、
他人事としてあなたの事を見ているのではないでしょうか。
どちらの担当者にしろ、あなたの人生設計を真剣には考えていない事だと
思いますので、注意することにこしたことはないです。

特に無認可校では消費者系の金融機関からの学費ローンを扱っているところが
散見されますので、注意して下さい。

参考に手数料などは含めず単純計算になりますが、返済シュミレーションを下記に
記載しておきますので参考にして下さい。
※実際の借入の場合は返済計画によって手数料など各社設定の金額が
別途必要になります。

借入金額:¥2,000,000
返済期間:4年
設定金利:5.0%
毎月返済額:¥46,058
総支払額:¥2,210,784

借入金額:¥3,000,000
返済期間:6年
設定金利:5.0%
毎月返済額:¥48,314
総支払額:¥3,478,608

某金融機関の場合
利用金額:¥1,000,000 
在学期間:4年
支払い期間:約8年
設定金利:4.8%
総支払額:¥1,410,769
※在学期間中は手数料のみ負担

専門学校広場 -学費比較サイト-

Category: 学費関連

Your email address will not be published.