専門学校選びのコツのコツ

専門学校でのウラ話など元教育機関での勤務経験者が送る専門学校選び・入学後の困らないためのアドバイスBlog

大阪府母子寡婦福祉資金

このサイトでも何度かお伝えしておりますが、弊社は進学に関してお金を借り入
れる事にはあまりお勧めしておりません。ですが、様々な理由で支援が必要な方も
いらっしゃると思いますので、一般的な金融機関に比べて金利面などで有利だと思える
借入制度をこれから数回に分けて記載したいと思います。

借りたものは必ず返済義務と責任が付きまとうので、返済計画は十分余裕を持って
スケジューリングして下さい。


それでは、今回は「大阪府母子寡婦福祉資金」について記載致します。

大阪府の母子寡婦(かふ)福祉資金には2通りあり、借入金額や利用可能目的も
異なります。

まず1つ目
『就学支度資金』
これは入学の際に必要となる入学金や被服の購入に充てる事が可能な資金になります。

金額:
大学・短大・専修(専門課程)
【私立】
(支度金)75,000円(自宅外通学85,000円)
(入学金等)505,000円
【国公立】
(支度金)75,000円(自宅外通学)85,000円
(入学金等)295,000円


そして、2つ目
『修学資金』
これは授業料・教科書代・通学費等に充てる資金になります。

金額:
貸付限度額(一般分 月額)
短期大学 専修学校(専門学校)
【国公立】
自宅通学:45,000円
自宅外通学:51,000円
【私立】
自宅通学:53,000円
自宅外通学:60,000円
貸付期間:その学校の定める最短修業年限を貸付期間


特徴:
条件によっては無利子利用が可能なので一般的な奨学金(銀行など)を借りるよりは有利。
また、支払い措置期間として卒業後半年の期間を設けているので、卒業後も
少しは時間的余裕もあり。

借入条件:
母子家庭の母
寡婦(配偶者の無い女性で、かつて母子家庭の母だった方)
※寡婦と40歳以上の配偶者のない女子で現に子を扶養していない方の場合、
特別な事情のないときは、前年の所得(控除後)が203万6千円以下の場合に限り
貸付の対象となります。
なお、一部の資金(就学支度資金・修学資金・就職支度資金・修業資金)については、
償還能力のある母親や第三者を連帯保証人に設けるならば、子ども自身が借主として
貸付申請できる場合もあります。

注意点:
原則月賦償還による元利均等償還。また、償還期間はできるだけ短期間になるよう
指導している様子なので支払いスケジュールはしっかり計画するように。
基本的に無利子での借入可能であるが、延滞した場合は「延滞元利金額につき10.75%」

詳細は以下URLより貸付相談窓口にお問い合わせ下さい。
母子寡婦福祉資金貸付制度
母子寡婦福祉資金一覧表
※別窓で開きます。

専門学校広場 -学費比較・進路相談サイト-

Category: 学費関連

Your email address will not be published.