1. トップページ
  2. 無認可校との比較

認可校(専門学校)・無認可校との比較

校舎の面積・設備に基準はあるか?

  • 認可校の場合 ・・・ 学校教育法第128条により明確な基準があり、校舎・校地は借用ではない。
  • 無認可校の場合 ・・・ 基準なし。借用でも行える。

年間授業時間は定められているか?

  • 認可校の場合 ・・・ 学校教育法第124条2項、文部科学大臣の定める授業時間数以上であること。
  • 無認可校の場合 ・・・ 基準なし。独自判断

国家資格に関しての優劣はあるか?

  • 認可校の場合 ・・・ 卒業と同時に無試験で国家資格取得(栄養士、調理師、保育士、介護福祉士など)
    受験資格付与(建築士、看護師、歯科衛生士など)
    国家試験の一部免除(自動車整備士、無線通信士など)
  • 無認可校の場合 ・・・ 一切なし

卒業と同時に得られる資格(文部科学省) PDF: http://www.mext.go.jp/a_menu/shougai/senshuu/__icsFiles/afieldfile/2011/06/23/1280727_01.pdf

上記のPDF資料が見れない方はこちらからAdbeReaderをダウンロードして下さい。 http://get.adobe.com/jp/reader/

費用面での優劣はあるか?

  • 認可校の場合 ・・・ 公的な制度は全般に受ける資格がある。
  • 無認可校の場合 ・・・ 学校教育法での学校ではない為、公的な優遇制度、いわゆる学割・通学定期、学生支援機構などの奨学金を受ける資格がない。

就職の際に優劣はあるか?

  • 認可校の場合 ・・・ 学校からの就職斡旋・紹介が可能
  • 無認可校の場合 ・・・ 法律にて就職の斡旋・紹介をすることができない

認可校の場合は職業安定法第33条2の規定で所轄の公共職業安定所に届け出ることにより無料職業紹介事業を行うことが出来るが、無認可校の場合は法律上それらの事はできない

学歴での優劣はあるか?

  • 認可校の場合 ・・・ 学科・学校によっては専門士・高度専門士の称号が付与される
  • 無認可校の場合 ・・・ 何年通っても学歴などは一切なし(履歴書に記入できない)

控除などの優劣はあるか?

  • 認可校の場合 ・・・ 勤労学生控除を受ける事が可能
  • 無認可校の場合 ・・・ 一切なし

勤労学生控除について(国税庁)  http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1175.htm

この他にも様々なメリット・デメリットがあると思いますが、
経済的にも社会的にも無認可校に通うメリットは少ないと思います。

学校選びに関しては人生の中での大きなターニングポイントの一つになると思いますので、しっかりと考えリスクコントロールをしながら将来を見据えて下さい。

ページトップへ